コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓮肉 れんにく

1件 の用語解説(蓮肉の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

れんにく【蓮肉】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。スイレン科ハスの成熟果実を乾燥させ殻を除いたもの。止瀉(ししゃ)鎮静滋養などの作用がある。胃腸虚弱消化不良下痢に効く啓脾湯(けいひとう)、食欲不振、慢性下痢、病後の体力回復に効く参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)頻尿(ひんにょう)残尿感に効く清心蓮子飲(せいしんれんしいん)などに含まれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓮肉の関連キーワード漢方薬烏薬薬酒酒薬草根木皮草薬方薬和薬処方薬伝統薬

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone