蓮華往生(読み)れんげおうじょう

精選版 日本国語大辞典「蓮華往生」の解説

れんげ‐おうじょう ‥ワウジャウ【蓮華往生】

〘名〙 蓮(はす)の花の形に作った台座の上で往生を遂げること。寛政一七八九‐一八〇一)の頃、日蓮宗悪僧が説いたという邪教。仕掛けのついた蓮華の台座を作り、その中で人を殺して極楽に往生したかのように見せかけたという。
※出定笑語講本(1811)附録二「寛政の始めに又かの不受不施の上総国に於て党を集め、蓮華往生と云ふことをして、愚人を帰依させたことがある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蓮華往生」の解説

れんげ‐おうじょう〔‐ワウジヤウ〕【×蓮華往生】

死後極楽浄土蓮華座上に生まれること。
寛政(1789~1801)のころ、上総(かずさ)国で、日蓮宗の悪僧が説いたという邪教。寺の本尊の前に大きな蓮華座を設け、極楽往生を願う者に大金を納めさせてこの蓮華座に上らせ、蓮華を閉じて刺殺し、極楽往生したように見せかけたといわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android