コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓮華往生 レンゲオウジョウ

デジタル大辞泉の解説

れんげ‐おうじょう〔‐ワウジヤウ〕【×蓮華往生】

死後、極楽浄土の蓮華座上に生まれること。
寛政(1789~1801)のころ、上総(かずさ)国で、日蓮宗の悪僧が説いたという邪教。寺の本尊の前に大きな蓮華座を設け、極楽往生を願う者に大金を納めさせてこの蓮華座に上らせ、蓮華を閉じて刺殺し、極楽往生したように見せかけたといわれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れんげおうじょう【蓮華往生】

〘仏〙 死後、極楽浄土の蓮華座上に生まれること。
寛政年間(1789~1801)、上総かずさ国で、日蓮宗の悪僧らが迷信を利用して行なった邪教。仕掛けのある大きな蓮華の台座を設け、料金を取って信者をここに登らせ、その周囲で一斉に読経しながら、蓮台をつぼませて台上の信者を包み込み、台の下から槍で刺し殺し、生きたまま仏土に往生するとしたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone