コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔓菜 ツルナ

デジタル大辞泉の解説

つる‐な【×蔓菜】

ザクロソウ科の多年草。海浜の砂地に生え、栽培もされる。高さ約60センチ。全体に多肉質で、茎はやや蔓状になる。葉は柄を持ち厚く、円みのある三角形。夏から秋、葉のわきに黄色い小花を1、2個つける。食用。はまぢしゃ。はまな。 夏》「くすりにもすなる―のつゆじめり/碧童

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つるな【蔓菜】

ツルナ科の多年草。海岸に自生する。全体多肉質で、茎は地をはい、三角卵形の葉を互生。春から秋にかけ、葉腋に黄色の小花を一、二個つける。若苗を食用とするため、野菜としても栽培される。ハマヂシャ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蔓菜 (ツルナ)

学名:Tetragonia tetragonoides
植物。ツルナ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蔓菜の関連キーワードザクロソウ科ハマヂシャ浜藜

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android