コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵の中(読み)くらのなか

大辞林 第三版の解説

くらのなか【蔵の中】

小説。宇野浩二作。1919年(大正8)「文章世界」に発表。質屋の蔵の中で、質入れした自分の着物を虫干ししながら女たちを回想する快楽を、ヒステリー女に邪魔される話。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

くらのなか【蔵の中】

宇野浩二の短編小説。大正8年(1919)「文章世界」誌に発表。売れない小説家を主人公とする私小説風の作品で、軽妙饒舌(じょうぜつ)な文体が特徴。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くらのなか【蔵の中】

宇野浩二の短編小説。1919年(大正8)4月《文章世界》に発表。同年12月,聚英閣より刊行。売れない貧乏な小説家で,着物道楽の山路が中心人物。これは近松秋江(ちかまつしゆうこう)の挿話をもとにして書かれたといわれているが,宇野浩二流のとぼけたおかしみも横溢している。金に窮して着物を質屋に運んだが,騒がしい下宿をのがれたいため,自分の質入れした着物の虫干しを思いつき,交渉の結果,質屋の二階で虫干しをしながら蒲団を敷いて寝ころび,女道楽の思い出にふける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の蔵の中の言及

【宇野浩二】より

…翌年,永瀬義郎,鍋井克之らのはじめた美術劇場にも協力。19年には,終世の友広津和郎の紹介で《蔵の中》を《文章世界》に発表し,さらに《苦の世界》,《子を貸し屋》(1923)などにより大正文学の中心作家となる。饒舌体の文章で物語るユーモアとペーソスを基調とした作風であった。…

※「蔵の中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

蔵の中の関連情報