コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古鳥蘇 コトリソ

デジタル大辞泉の解説

ことりそ【古鳥蘇】

雅楽。高麗楽(こまがく)。高麗壱越(こまいちこつ)調の大曲。舞は六人または四人舞。常装束巻纓(けんえい)の冠をつけ、太刀をはき、笏(しゃく)を腰に差す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ことりそ【古鳥蘇】

雅楽,舞楽の曲名。高麗(こま)楽にふくまれ高麗壱越(いちこつ)調。4人(あるいは6人)舞の文(ぶん)ノ舞(平舞)。別名を高麗調子曲ともいう。唐楽の四箇(しか)の大曲(《皇麞(おうじよう)》《春鶯囀(しゆんのうでん)》《蘇合香(そこう)》《万秋楽(まんじゆうらく)》)に対する高麗楽の四箇の大曲(《新鳥蘇》《古鳥蘇》《進走禿(しんそうとく)》《退走禿(だいそうとく)》)の一つとされる。番舞(つがいまい)は《団乱旋(とらでん)》であった(現在は,廃曲,廃舞)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ことりそ【古鳥蘇】

〔「新鳥蘇」に対して、伝来の古いものをいう〕
雅楽の一。右方に属する、壱越いちこつ調の高麗楽こまがく。常装束に巻纓けんえいの冠をつけ、六人で舞う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古鳥蘇の関連キーワード渤海楽伝来蔵面右方雅楽

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android