コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古鳥蘇 コトリソ

3件 の用語解説(古鳥蘇の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ことりそ【古鳥蘇】

雅楽。高麗楽(こまがく)。高麗壱越(こまいちこつ)調の大曲。舞は六人または四人舞。常装束に巻纓(けんえい)の冠をつけ、太刀をはき、笏(しゃく)を腰に差す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ことりそ【古鳥蘇】

雅楽,舞楽の曲名。高麗(こま)楽にふくまれ高麗壱越(いちこつ)調。4人(あるいは6人)舞の文(ぶん)ノ舞(平舞)。別名を高麗調子曲ともいう。唐楽の四箇(しか)の大曲(《皇麞(おうじよう)》《春鶯囀(しゆんのうでん)》《蘇合香(そこう)》《万秋楽(まんじゆうらく)》)に対する高麗楽の四箇の大曲(《新鳥蘇》《古鳥蘇》《進走禿(しんそうとく)》《退走禿(だいそうとく)》)の一つとされる。番舞(つがいまい)は《団乱旋(とらでん)》であった(現在は,廃曲,廃舞)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ことりそ【古鳥蘇】

〔「新鳥蘇」に対して、伝来の古いものをいう〕
雅楽の一。右方に属する、壱越いちこつ調の高麗楽こまがく。常装束に巻纓けんえいの冠をつけ、六人で舞う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古鳥蘇の関連キーワード貴徳青海波狛鉾地久埴破胡蝶新鳥蘇林歌狛桙新靺鞨

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone