コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄荷油 はっかゆmint oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薄荷油
はっかゆ
mint oil

ハッカの全草から蒸留によって得られる精油。大別してペパーミント油スペアミント油があり,薬用,香料などに広く用いられている。前者の代表が薄荷脳の含有が多い日本薄荷油で,原料のハッカは主として北海道で栽培されていたが,近年はブラジル,パラグアイ,中国などでも生産がふえている。後者はアメリカが主産地で,チューインガム,リキュール類などに使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はっか‐ゆ〔ハクカ‐〕【薄荷油】

乾燥した薄荷の葉を蒸留して得られる精油。強い香りをもち、主成分はメントール(薄荷脳)。清涼剤や香料として用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はっかゆ【薄荷油】

薄荷の地上部を水蒸気蒸留して得た油を冷却し、固形分を除去した精油。主成分はメントール。清涼芳香剤・皮膚刺激薬に用いられるほか、芳香性健胃・駆風薬として内用する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

薄荷油の関連キーワードソンジョン(松汀)邑ペパーミント佐藤亥三郎水蒸気薄荷精薄荷水駆風薬内用

薄荷油の関連情報