薏苡仁(読み)よくいにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薏苡仁
よくいにん

イネ科のハトムギ(→ジュズダマ)の硬い包鞘に包まれた種子の生薬名。デンプン,蛋白質,脂肪および微量の抗腫瘍性物質 coixenolideを含有する。滋養強壮薬として,また内用および外用して伝染性のいぼの治療に有効といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

よくいにん【薏苡仁】

ハトムギの種子。また、その生薬名。利尿・消炎・鎮痛・排膿薬などとする。また、肌あれ・いぼ取りに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

薏苡仁 (ズズダマ)

植物。イネ科の多年草,薬用植物。ジュズダマの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よくい‐にん【薏苡仁】

〘名〙 鳩麦(はとむぎ)の種子。ひきわって粥(かゆ)・スープ・菓子などをつくる。また、漢方薬として、利尿・緩下(かんげ)・鎮痛などに用いる。
※咄本・醒睡笑(1628)八「猪斎へ田舎よりおとづれて、薏苡仁と茴香とをのぼする事ありし」 〔本草綱目‐穀部・薏苡仁・集解〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android