鳩麦(読み)ハトムギ

デジタル大辞泉の解説

はと‐むぎ【×鳩麦】

イネ科の一年草。高さ約1.5メートル。ジュズダマに似て、細長い葉が互生し、夏から秋、雌花と雄花との穂がつく。実は暗褐色の堅い鞘(さや)をもつが、指で割ることができる。種子は漢方で薏苡仁(よくいにん)といい利尿・健胃薬とする。アジア熱帯地方の原産。川穀(せんこく)。四国麦 秋》「―や昔通ひし叔父が家/子規

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はとむぎ【鳩麦】

イネ科の一年草。南アジア原産。全形はジュズダマによく似るが、実は光沢に乏しく割れやすい。子実を薏苡仁よくいにんといい、薬用・食用とし、葉は茶の代用とする。四国麦。川穀せんこく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鳩麦 (ハトムギ・ハツトムギ)

学名:Coix lacrymajobi var.mayuen
植物。イネ科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はと‐むぎ【鳩麦】

〘名〙 イネ科の一年草。アジアの熱帯地方の原産で、日本へは享保年間(一七一六‐三六)に渡来したといわれ、薬用・食用として栽培される。高さ一~一・五メートル。葉は広披針形で長さ一〇~四〇センチメートル。雌雄同株。夏、梢上の葉腋に一個の花穂と数個の雄花穂をつける。雄花穂は長さ約三センチメートルの紡錘形で、下部に長さ約一センチメートルの硬い鞘に包まれた雌花穂がある。花後、暗褐色で楕円形の果実を結ぶ。中の仁は扁卵形で、食用になり、漢方では薏苡仁(よくいにん)といい利尿・鎮痛・強壮薬。漢名は川穀だが、ふつうジュズダマの漢名の薏苡をも用いる。しこくむぎ。《季・秋》
※続春夏秋冬(1906‐07)〈河東碧梧桐選〉秋「薏苡は珠数にとられて秋の風〈彩雲〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳩麦の関連情報