コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薔薇戦争 バラセンソウ

デジタル大辞泉の解説

ばら‐せんそう〔‐センサウ〕【薔薇戦争】

1455~1485年、ランカスター家ヨーク家との王位争奪を中心とする英国の封建貴族間の内乱。それぞれ紅と白のバラ記章としたのでこの名がある。結局ランカスター派が勝ちチューダー朝が成立したが、長期にわたる戦いで貴族の勢力は衰え、中央集権化が急速に進んで、絶対主義への道を開いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ばらせんそう【薔薇戦争】

1455~85年にイギリスで起こった王位争奪の内乱。記章が赤ばらのランカスター家と白ばらのヨーク家に封建貴族が二分して争い、前者が勝ってヘンリー七世がチューダー朝を開いた。結果的には封建貴族が疲弊し王権が強化された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

薔薇戦争の関連キーワードぼくらが非情の大河をくだる時ヨークミンスターリチャード森香緒留白ばら主義王権

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android