コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬物過敏症 やくぶつかびんしょう

世界大百科事典 第2版の解説

やくぶつかびんしょう【薬物過敏症】

常用量もしくはそれ以下の薬物の投与で誘発される,生体にとって望ましくない異常な過敏反応をいう。被投与者の体質上の異常が根底にあって発生する場合が多い。19世紀末にE.vonベーリングが,動物に細菌の毒素をくりかえし注射していくと,ときに致死量以下のごく少量の毒素の注射で激しいショック症状をおこすことを観察し,それは動物がその毒素に対して過敏になっているためと考え,その状態をhypersensitivity(過敏状態。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の薬物過敏症の言及

【過敏症】より

… 一般にいわれている免疫学的な過敏症は,生体内で抗原(薬物でも,食物中の特殊な成分や花粉などでもよい)に対して抗体が結合し,抗原・抗体結合物ができて,正常な生体ではあらわれない異常反応(アレルギー)を起こす場合をいい,この場合,抗原と抗体とはそれぞれ特異的に反応(A抗原には抗A抗体)するが,主として抗体(免疫グロブリン)の性質,補体の関与の有無などによって4型(ときに5型)に分けられる(これらの詳細については〈アレルギー〉の項目を参照されたい)。薬物過敏症は,薬剤が抗原として働く免疫学的機序によるものと薬理作用によるものとを区別しがたいことが多い。過敏症をあらわす生体側には,その抗原に対する抗体を産生しやすいこと,抗原抗体反応によって出現してきたもの(化学伝達物質など)に対する反応性が亢進していることが前提条件となっているが,個人差があり,これには遺伝的因子が関与している可能性が強い。…

※「薬物過敏症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

薬物過敏症の関連キーワード溶血性貧血