コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原忠良 ふじわらの ただよし

1件 の用語解説(藤原忠良の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原忠良 ふじわらの-ただよし

1164-1225 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
長寛2年生まれ。近衛基実(もとざね)の次男。母は藤原顕輔(あきすけ)の娘。寿永2年従三位。のち正二位にすすみ,大納言となった。号は粟田口,鳴滝。「千五百番歌合」の判者のひとりで,作歌は「千載和歌集」以下の勅撰集に多数はいっている。嘉禄(かろく)元年5月16日死去。62歳。
【格言など】樗(あふち)咲く外面の木陰露落ちて五月雨(さみだれ)晴るる風渡るなり(「新古今和歌集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤原忠良の関連キーワード厳島内侍賀茂重政惟宗俊海定兼宅磨為久如来尼正恒(2)頼円(2)頼成

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone