コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原道明 ふじわらの みちあき

1件 の用語解説(藤原道明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原道明 ふじわらの-みちあき

856-920 平安時代前期-中期の公卿(くぎょう)。
斉衡(さいこう)3年生まれ。藤原保蔭の長男。母は橘良基の娘。延喜(えんぎ)9年参議。没時は正三位,大納言兼民部卿。「延喜式」の編集にくわわった。17年橘澄清とともに山城(京都府)深草に道澄寺を創建。当時の梵鐘がのこっている(国宝)。延喜20年6月17日死去。65歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原道明の関連キーワード京都議定書目標達成計画横浜市中央卸売市場本場李克用金鶏山酒列磯前神社実敏常暁真済藤原菅根藤原長良

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原道明の関連情報