コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原長房(2) ふじわらの ながふさ

1件 の用語解説(藤原長房(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原長房(2) ふじわらの-ながふさ

1170-1243 鎌倉時代の公卿(くぎょう),僧。
嘉応(かおう)2年生まれ。藤原光長の子。母は藤原俊経の娘。後鳥羽(ごとば)上皇の近臣。参議をへて民部卿,正三位。承元(じょうげん)4年(1210)出家して法相(ほっそう)宗の貞慶に師事。山城(京都府)海住山寺の再興につとめ,海住山民部卿入道とよばれた。仁治(にんじ)4年1月16日死去。74歳。法名は覚心,覚真。号は慈心。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原長房(2)の関連キーワード今鏡新田荘藤原長房寛元パキスタン大統領今鏡ウンブリエルエルベ川王嚞太平山

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone