コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原長房 ふじわらのながふさ

1件 の用語解説(藤原長房の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原長房

没年:寛元1.1.16(1243.2.6)
生年:嘉応2(1170)
鎌倉前期の公卿。正三位民部卿。後鳥羽院の近臣。参議光長と参議藤原俊経の娘との子。建久2(1191)年蔵人,同5年右少弁,正治2(1200)年蔵人頭,元久1(1204)年参議となる。同2年後鳥羽上皇の皇女煕子内親王の乳父となり,皇女を引き取ったが,その際に院の御所二条殿の焼亡した跡を下賜された。また九条兼実・良経,兼実の娘の宜秋門院任子(後鳥羽中宮)に仕えた。承元4(1210)年出家。後鳥羽の幕府打倒の意向を諫めかねて出家したとも,法相学を大成した貞慶の徳を慕って出家したともいわれる。法名は覚心。その後は奈良に移居して貞慶の門人となり,慈心上人,海住山民部卿入道と号した。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原長房の関連キーワード覚真千五百番歌合藤原光親五十番歌合久国後鳥羽院後鳥羽院御口伝藤原長房(2)藤原範子山科教遠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone