コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤堂志津子 トウドウシヅコ

デジタル大辞泉の解説

とうどう‐しづこ〔トウダウ‐〕【藤堂志津子】

[1949~ ]小説家。北海道の生まれ。本名、熊谷政江。都会的な恋愛小説、特に中年女性の心理をえぐった作品で、同年輩の女性を中心に多くの読者を得る。「熟れてゆく夏」で直木賞受賞。他に「マドンナのごとく」「あの日、あなたは」「秋の猫」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤堂志津子 とうどう-しづこ

1949- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和24年3月14日生まれ。郷里札幌の広告代理店につとめ,昭和62年「マドンナのごとく」で北海道新聞文学賞をうけ,翌年退社。平成元年「熟れてゆく夏」で直木賞。都会的な男女の関係をえがく作品がおおい。藤女子短大卒。本名は熊谷政江。作品はほかに「あの日,あなたは」「ジョーカー」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤堂志津子の関連キーワードマドンナの如く藤堂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android