コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤嶋昭 ふじしま あきら

1件 の用語解説(藤嶋昭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤嶋昭 ふじしま-あきら

1942- 昭和後期-平成時代の化学者。
昭和17年3月10日生まれ。神奈川大講師などをへて,昭和61年東大教授。平成15年神奈川科学技術アカデミー理事長。本多健一とともに半導体(酸化チタン)をもちいた水の光分解の研究で「本多-藤嶋効果」を発見。昭和58年朝日賞。平成16年「環境改善に貢献」したとして本多健一とともに日本国際賞にえらばれた。同年「半導体光触媒反応の研究」で学士院賞。22年文化功労者。東京出身。横浜国大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤嶋昭の関連キーワード国武豊喜熊田誠斉藤喜彦桜井英樹田中勝宣田丸謙二大類洋宮本純之山寺秀雄北川進

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤嶋昭の関連情報