コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤波神道 ふじなみしんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤波神道
ふじなみしんとう

尾張国津島の神官藤波時綱江戸時代中期に唱えた神道。その説は『神家常談』 (3巻) や『古今神学類聚鈔』 (100巻) によって知られるが,度会神道に近いものといえる。徳目を三種の神器に基づかせ,神明の霊徳との合致を説き,儒教,仏教は神道の羽翼であるとする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじなみ‐しんとう〔ふぢなみシンタウ〕【藤波神道】

江戸時代、伊勢神宮の祭主藤波氏の流れをくむ真野(藤波)時綱が唱えた神道説。度会(わたらい)神道(伊勢神道)の影響を強く受け、三種の神器を神道の主眼とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじなみしんとう【藤波神道】

江戸時代、尾張国津島神社の祠官しかんで、伊勢神宮の祭主藤波氏の庶流かと思われる真野時縄(綱)((1645~1717)。藤波姓とも)によって主唱された神道。他教に対して比較的寛容な立場に立ち、三種の神器に神道の主眼、人道の基本があるとする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone