コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤間 万三哉 フジマ マサヤ

20世紀日本人名事典の解説

藤間 万三哉
フジマ マサヤ

昭和期の日本舞踊家



生年
大正4(1915)年4月25日

没年
昭和32(1957)年4月3日

出身地
愛知県名古屋市

本名
山田 光次郎

旧姓(旧名)
佐藤

別名
前名=吾妻 春次郎,藤間 政往

経歴
昭和6年初代花柳輔三朗の門に入り、主として輔五郎(のちの猿若清方)に師事。その後吾妻春枝(のち徳穂に改名)に師事。13年吾妻春次郎を名乗り、14年春枝と結婚。一時藤間政住、戦後万三哉と改名。振付、演出に優れ、春枝の春藤会に「吾妻流十二姿」「時雨西行」を発表。戦後の吾妻徳穂藤間万三哉夫妻会に出演を兼ねて「お夏清十郎恋の帯」「芦刈」「王朝」「長崎の絵踏」などを発表。またアヅマ・カブキの制作、振付、外国映画「オーガストムーン」「さよなら」の振付などに活躍した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

藤間 万三哉
フジマ マサヤ


職業
日本舞踊家

本名
山田 光次郎

旧名・旧姓
佐藤 光次郎

別名
前名=吾妻 春次郎,藤間 政往

生年月日
大正4年 4月25日

出身地
愛知県 名古屋市

経歴
女優・筑波雪子の弟。昭和6年初代花柳輔三朗の門に入り、主として輔五郎(猿若清方)に師事。その後、姉の友人である吾妻春枝(吾妻徳穂)の内弟子となり、名取りとして吾妻春次郎の名を許された。同年師と駆け落ちし、15年師の生家である山田家に婿入り。一時、藤間政住、戦後は義母・藤間政弥の引退に伴い“まさや”の漢字を改め藤間万三哉を名乗った。振付・演出に優れ、21年戦後初の舞台となる第1回吾妻夫婦会「お夏清十郎恋の帯」を開催。妻とのコンビで「王朝」「静物語」「長崎の踏絵」「院の月」「雪女」などを生み出し、また、“アヅマカブキ”の制作・振付も手がけた。32年ガス漏れ事故により急逝した。

没年月日
昭和32年 4月3日 (1957年)

家族
妻=吾妻 徳穂(日本舞踊家),姉=筑波 雪子(女優)

伝記
踊って躍って八十年―想い出の交遊記 吾妻 徳穂 著(発行元 読売新聞社 ’88発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について | 情報

藤間 万三哉の関連キーワード常用漢字新常用漢字表日野ルノー PA型PD6(T)型直6下垂体競技場長門(市)国連教育科学文化機関ユネスコUNESCO

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android