コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾妻徳穂 あづま とくほ

美術人名辞典の解説

吾妻徳穂

日本舞踊家。東京生。父は十五代市村羽左衛門、母は藤間政弥。五代中村富十郎は長男。本名は山田喜久栄。幼年より母・七代坂東三津五郎・六代尾上菊五郎に師事。春藤会を設立。アヅマカブキを創設し、欧米を巡演芸術院会員文化功労者。日本芸術院賞受賞。柴綬褒章受章。平成10年(1998)歿、89才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吾妻徳穂 あづま-とくほ

1909-1998 大正-平成時代の日本舞踊家。
明治42年2月15日生まれ。15代市村羽左衛門の娘。5代中村富十郎の母。大正3年初舞台。昭和5年春藤会設立。8年父より吾妻流をうけつぎ吾妻春枝と名のり4代目家元となる。17年徳穂と改名。戦後夫の藤間万三哉と「アヅマカブキ」を結成し,欧米に歌舞伎舞踊を紹介。61年芸術院会員。平成3年文化功労者。平成10年4月23日死去。89歳。東京出身。本名は山田喜久栄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吾妻徳穂
あづまとくほ

[生]1909.2.15. 東京
[没]1998.4.23. 東京
日本舞踊家。吾妻流2世宗家。本名山田喜久栄。初め藤間流に学び 1922年名取,藤間喜久栄を名のる。のち女優養成所に入り藤間春枝の名で舞台に立ったが,33年藤間流家元藤間勘斎の了解のもとに,15世市村羽左衛門より,とだえていた吾妻流再興の許しを得て,4世家元となり,吾妻春枝と改称。さらに 39年1世宗家の羽左衛門から受継いで2世宗家を兼ねる。 42年に徳穂と改め,50年より一時期,家元を長男坂東鶴之助 (現中村富十郎) に譲ったが,再び自身に家元を戻したのち,78年,孫の徳弥に6世家元を継承させた。 1954年にアメリカ,55年にはヨーロッパに「アヅマ・カブキ」と称して舞踊団を率いて公演するなど,海外に日本の舞踊を紹介した。 86年日本芸術院会員,91年文化功労者。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吾妻徳穂
あづまとくほ
(1909―1998)

日本舞踊吾妻流宗家。東京生まれ。本名山田喜久栄。父は15世市村羽左衛門(うざえもん)といわれ、母は藤間政弥(まさや)。母や7世坂東三津五郎(みつごろう)らに師事。14歳で藤間春枝を名のる。1924年(大正13)帝劇女優養成所に入り、1930年(昭和5)舞踊家として出発。「春藤会」を発足させ、新舞踊運動のスターの一人として活躍した。中絶していた吾妻流を1933年に再興、吾妻春枝となり、1942年、徳穂と改名。華麗な舞台、芸風で知られた。1954年にアズマカブキのアメリカ公演、1955~1956年に欧米公演を行い、本格的な日本舞踊初の海外公演として大きな足跡を残した。1965年から「徳穂の会」を始め、『赤猪子(あかいこ)』『藤戸の浦』などの秀作を発表。1978年孫の徳彌に家元を継承させ、宗家となる。1985年、日本舞踊の興行化を目ざして「をどり座」の第1回公演を行い、第8回まで続けた。1991年(平成3)文化功労者。[如月青子]
『吾妻徳穂著『おどり』(1967・邦楽と舞踊出版社) ▽吾妻徳穂著『踊って躍って八十年』(1988・読売新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吾妻徳穂の関連キーワード市村 羽左衛門(15代目)坂東 三津五郎(7代目)尾上 菊之丞(1代目)尾上 菊之丞(初代)中村富十郎(5世)中村富十郎(5代)若山 富三郎藤間 万三哉吾妻 徳穂藤間 政弥勝 新太郎吾妻徳彌日本舞踊中村梅雀新舞踊

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android