蘆刈説話(読み)あしかりせつわ

百科事典マイペディアの解説

蘆刈説話【あしかりせつわ】

大和物語》148段を元とする話型。摂津国に住む夫婦が貧しさのあまり,いったん離別してそれぞれに暮らしを立てようと決め,女は宮仕えから高貴の主の妻になるが,男は蘆を刈って売り歩く極貧の生活を送る。年月を経て女に捜し出された男は,我身を恥じて和歌だけを残して姿を消す。現行の謡曲蘆刈》(四番目物)や御伽草子の《あしやのさうし》,谷崎潤一郎の小説《蘆刈》(1932年)は,いずれもこれに着想を得ている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あしかりせつわ【蘆刈説話】

アシの名所難波を背景とする夫婦愛を描いた説話。《大和物語》百四十八段にみえるのが古いかたち。ある貧しい夫婦が難波に住んでいたが,男は思いわずらった末に女を京へやり,宮仕えさせる。女はやがてその主に思われ妻として迎えられるが,女は前の夫のことが忘れられず,ある日他事にことよせて難波へ赴き,蘆刈りとなったみすぼらしい身なりの男に再会する。男は〈君なくてあしかりけりと思ふにもいとど難波の浦ぞ住み憂き〉の歌を女に送り,逃げ出そうとする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android