コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現在物 げんざいもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現在物
げんざいもの

能の曲の分類用語。幽霊の登場する夢幻能に対し,主人公 (シテ) が現実に生きた人物として登場する能。シテが直面 (ひためん) ,すなわち素顔の男性の武人役で,男舞を舞うか,斬組 (きりくみ) といわれる戦い場を演じるのを原則とする。『安宅』『小袖曾我』『小督 (こごう) 』『夜討曾我』『橋弁慶』『忠信』など。一般に字義どおり広い意味に解されるようになり,『熊野』『自然居士』『俊寛』『弱法師 (よろぼし) 』などの類をもいう。五番立の番組で,4番目に演じられる,いわゆる四番目物 (→雑物 ) の一種。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げんざい‐もの【現在物】

能の分類の一。歴史上の男性が存命中の姿で、直面(ひためん)でシテとして登場するもの。男舞をまうか、切組(きりくみ)を見せる。現在男物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

げんざいもの【現在物】

能の種別の名。〈現在能〉のうち,主人公が現実の男性である能を指す。面を掛けないので〈直面(ひためん)物〉とも言い,五番立分類(江戸時代の1日の番組編成基準に基づく分類法)の4番目に置かれる〈四番目物〉の一つである。男舞(おとこまい)を舞う《盛久》《小督(こごう)》,武士同士の斬合いを見せる《忠信》《夜討曾我》《橋弁慶》,芸能尽しの《放下僧(ほうかぞう)》《望月》などがあり,人情的内容の《俊寛》《景清》も,面を掛けるが,これに含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんざいもの【現在物】

能の曲種の名称。四番目物の一類。現在能のうち、主に男性の直面ひためん物をさす。「安宅」「俊寛」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の現在物の言及

【四番目物】より

…現行曲は各流とも約90曲。曲種によって《高野物狂》《蘆刈》《土車》等の男物狂と《百万》《桜川》《三井寺》等の女物狂を総括して〈狂乱物〉,《船橋》《通小町》《阿漕(あこぎ)》等の〈執心物〉,《三笑(さんしよう)》《邯鄲(かんたん)》《天鼓(てんこ)》などの〈遊楽物〉,《鉢木》《盛久》《安宅》等の〈現在物〉などに分類するが,《錦木》《松虫》《梅枝(うめがえ)》等を〈執心遊楽物〉,《摂待(せつたい)》《景清》《鳥追舟》等を〈人情物〉とすることもある。またシテの役柄・使用面から《自然居士(じねんこじ)》《花月》《東岸居士(とうがんこじ)》を〈喝食物(かつしきもの)〉,働事(はたらきごと)から《葵上》《道成寺》《黒塚》(観世流では《安達原》)を〈祈り物〉と分類することもある。…

※「現在物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

現在物の関連情報