コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇芳染 すおうぞめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘇芳染
すおうぞめ

植物染料による染色の一種。スオウ木質を煎じて染料とする。媒染剤を使用しない色は黄褐色,媒染に灰汁を用いると紫赤色,明礬 (みょうばん) で赤色,鉄分で紫色にそれぞれ発色する。上代にいう蘇芳染は灰汁を用いた紫赤色のものをさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android