コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎河豚 トラフグ

デジタル大辞泉の解説

とら‐ふぐ【虎河豚】

フグ科の海水魚。全長約70センチ。胸びれ後方に、周囲が白い黒青色の大斑があり、卵巣・肝臓に強毒がある。ふぐ料理では最高級品で冬が旬(しゅん)。ふぐ提灯にもする。北海道以南、東シナ海まで分布。下関地方で「まふく」、岡山・広島地方で「おおふく」とよぶ。 冬》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とらふぐ【虎河豚】

フグ目の海魚。全長約70センチメートル。体形は丸みを帯びて肥大し、典型的なフグ型を示す。背面と腹面に小棘がある。背側は青黒色、腹側は白色。胸びれの後方に白輪に囲まれた一個の大きな黒紋がある。卵巣と肝臓には強毒があるが、肉や精巣は美味でフグ料理に用いる。また、フグ提灯を作る。北海道以南に分布。ホンフグ。モンフグ。 → フグ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

虎河豚 (トラフグ)

学名:Takifugu rubripes
動物。フグ科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

虎河豚の関連キーワード

虎河豚の関連情報