コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蚕沙 さんさ

2件 の用語解説(蚕沙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蚕沙
さんさ

蚕の飼育中蚕座に堆積する蚕糞,食べ残しの桑,抜け殻などのこと。これを除く作業を除沙という。蚕沙の量は蚕の成長につれて多くなる。蚕沙を貯蔵するとその中の多糖類は乳酸菌,酢酸菌などによって発酵し,蛋白質の一部もアミノ酸に分解されて香りのよい飼料が得られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蚕沙【さんさ】

養蚕用語。カイコの幼虫が食べ残した桑葉と蚕糞(こくそ)の混じったもの。肥料や家畜の飼料として有用。蚕座に堆積するとカイコの衛生上よくないので,除去を必要とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

蚕沙の関連キーワード残肴残飯浅海成層食べ滓食べ残し食べ残す食残し蚕座水平堆積の法則堆積水平性の法則