コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛇結茨 ジャケツイバラ

デジタル大辞泉の解説

じゃけつ‐いばら【蛇結茨】

マメ科の蔓性(つるせい)の落葉低木。山地や河原に生える。枝にとげをもち、葉は羽状複葉。初夏、黄色の花が多数開き、果実はさや状になる。種子は有毒であるが、漢方で雲実(うんじつ)といい、マラリアや下痢に用いる。名は、茎がとぐろを巻くように見えるのに由来。河原藤(かわらふじ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃけついばら【蛇結茨】

マメ科の落葉低木。やや、つる性。山地や河原に自生。枝や葉軸に鋭いかぎ状のとげがある。葉は羽状複葉。初夏、枝頂に総状花序を立て、細い柄をもつ黄色の五弁花をつける。種子は有毒だが、マラリア・駆虫・下痢止め薬とされる。河原藤。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蛇結茨の関連情報