コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血盆経 けつぼんきょう

世界大百科事典 第2版の解説

けつぼんきょう【血盆経】

大日本続蔵経に《仏説大蔵正経血盆経》と題して収められている全420余字からなる小経で,血の穢(けが)れゆえに地獄へ堕ちた女人を救済せんがための経典である。中国では明・清の時代にかなり広く流布していたもので,仏教道教,ある特定結社のものなどが存在しており,内容も多少異なっているが,いずれも血にかかわる罪を犯した者は血の池地獄に堕ちると説かれているのに対し,日本の《血盆経》には,産や月水の血で地神水神等を穢した女性のみが,この地獄に堕ちるとされている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

血盆経の関連キーワード大日本続蔵経懸守

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android