コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血管撮影 けっかんさつえいangiography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血管撮影
けっかんさつえい
angiography

血管造影ともいう。血管に造影剤を注入してX線撮影する検査法。動脈撮影は腫瘍,動脈瘤,血管の閉塞などの診断に有力で,普通は透視をしながら行う。部位により脳血管撮影,大動脈撮影,心血管撮影,腹腔動脈撮影,腎動脈撮影,四肢の動脈撮影などがある。カテーテルを用いて局所の動脈のみに造影剤を注入する選択的血管撮影が開発されて以来,診断率が向上した。一般に連続撮影装置が用いられ,動脈相,毛細管相,静脈相のX線写真から診断する。その診断的役割は大きい。静脈に造影剤を注入する検査は静脈撮影という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けっかんさつえい【血管撮影 angiography】

動脈および静脈から成る血管系の形態を描出するX線検査法である。血管を描出するためには,動脈あるいは静脈の中に有機ヨード造影剤を注入してコントラストをつけた形でX線撮影を行う必要があり,この注入の方法により,(1)直接穿刺(せんし)法,(2)経皮カテーテル法,(3)皮膚切開直視下カテーテル法の3種がある。このうち経皮カテーテル法が現在では最もひろく用いられている。これは,特殊な針で血管を穿刺したあと,やわらかい金属のガイドワイヤにX線不透過性のポリエチレンカテーテル(細い管状のもの)をかぶせて血管内に挿入し,後にガイドワイヤを抜去することによって血管内にカテーテルのみを残す方法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

血管撮影の関連キーワードヴェルネル・テオドール・オットー フォルスマンもやもや病(ウイリス動脈輪閉塞症)MRI(磁気共鳴映像法)ウィリス動脈輪閉塞症頸動脈・海綿静脈洞瘻脳卒中(脳血管発作)磁気共鳴血管撮影法一過性脳虚血発作磁気共鳴断層撮影心臓カテーテル法がんの動注療法ウィリス動脈輪慢性硬膜下血腫嫌色素性腺腫くも膜下出血脳血管造影法脊髄血管障害脳動静脈奇形斎藤真(1)もやもや病

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血管撮影の関連情報