コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血管撮影 けっかんさつえい angiography

2件 の用語解説(血管撮影の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血管撮影
けっかんさつえい
angiography

血管造影ともいう。血管に造影剤を注入してX線撮影する検査法。動脈撮影は腫瘍,動脈瘤,血管の閉塞などの診断に有力で,普通は透視をしながら行う。部位により脳血管撮影大動脈撮影,心血管撮影,腹腔動脈撮影,腎動脈撮影,四肢の動脈撮影などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けっかんさつえい【血管撮影 angiography】

動脈および静脈から成る血管系の形態を描出するX線検査法である。血管を描出するためには,動脈あるいは静脈の中に有機ヨード造影剤を注入してコントラストをつけた形でX線撮影を行う必要があり,この注入の方法により,(1)直接穿刺(せんし)法,(2)経皮カテーテル法,(3)皮膚切開直視下カテーテル法の3種がある。このうち経皮カテーテル法が現在では最もひろく用いられている。これは,特殊な針で血管を穿刺したあと,やわらかい金属のガイドワイヤにX線不透過性のポリエチレンカテーテル(細い管状のもの)をかぶせて血管内に挿入し,後にガイドワイヤを抜去することによって血管内にカテーテルのみを残す方法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

血管撮影の関連キーワード開放血管系血管腫心臓カテーテル法門脈血流肺動脈閉鎖血管系心臓血管系大腿静脈心血管造影法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

血管撮影の関連情報