コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行動圏 こうどうけんhome range

世界大百科事典 第2版の解説

こうどうけん【行動圏 home range】

行動域ともいう。動物個体群がどのような空間構造を有しているのかを知ろうとするとき有効な概念。バートW.H.Burtが動物の〈各個体が食物集め,生殖,子育てなどの正常活動のために動きまわる居住地域〉として定義(1940)した用語。これは主としてネズミ類など小哺乳類にもちいられる概念であり,その中に生活の中心地である巣がふくまれる。その後,この概念を定住性の強い動物一般にあてはめたとき,巣がないとか,行動のどれが正常活動なのか判断がむずかしいといった場合がでてきて,もっと広義に〈定住性が強い動物の,ある限られた期間内における最大行動範囲〉とされるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の行動圏の言及

【移動】より

…この意味での移動は,高等動物ではしばしば一定の地域内に限られており,各個体の移動範囲はかなり狭い。これは動物の定住性の表れであって,この定住地域は行動圏と呼ばれる。 もう一つは,この行動圏自体の位置が変わるために起こる移動である。…

※「行動圏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

行動圏の関連キーワードアフリカジャコウネコナイチンゲール(鳥)キタリス(北栗鼠)イリオモテヤマネコイヌワシ(犬鷲)ウォーターバックヨツヅノレイヨウシマウマ(縞馬)全国新幹線鉄道網サザナミヤッコベイラ(動物)ナポレオン戦争クズリ(屈狸)バイオロギングオオヤマネコボブキャットアメリカグマテリトリーなわばりイノシシ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行動圏の関連情報