コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕨手文 わらびでもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蕨手文
わらびでもん

植物文様の一種。曲線の一端が蕨の先端のように渦状に内側に巻いている文様。中国では漢代の瓦当文に好んで使用された。日本では,弥生時代銅鐸銅剣の文様にみられ,特に九州の壁画古墳にはしばしば描かれている。仏教文化伝来以降は堂塔天蓋厨子灯籠などに用いられた。そのほか染織,金工漆工,陶磁などすべての工芸品の装飾意匠として施され,唐草文と併合したものが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

蕨手文【わらびでもん】

曲線の先端が巻き上がった形の文様。早蕨(さわらび)の茎の先に似るため,この名がある。2個を対にして用いることが多い。中国では古く漢代の瓦当(がとう)に見られ,日本では,弥生(やよい)土器,銅鐸(どうたく),銅矛(ほこ),古墳時代の装飾古墳や【ぼう】製(ぼうせい)鏡などに現れる。
→関連項目王塚古墳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わらびでもん【蕨手文】

曲線の先端の巻きあがった形が,早蕨(さわらび)のようにみえる文様。1個の図形を単独で用いることがあり,右巻き左巻きとの2個の図形を背中あわせにならべて用いることも多い。弥生時代には前期の土器に彩文浮文の例があり,銅鐸や平形銅剣の文様にも登場する。古墳時代には九州の装飾古墳の壁画にさかんに用いるほか,関東の人物埴輪の彩色にも応用したものがある。ただし,この文様から早蕨を連想して命名したのは後代のことであって,古代の文様使用者が植物文様と意識していた確証はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蕨手文の関連キーワード鬼ノ岩屋古墳塚花塚古墳珍敷塚古墳屋形古墳群日岡古墳圭頭大刀袈裟襷文半瓦当軒丸瓦

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android