コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕨手文 わらびでもん

3件 の用語解説(蕨手文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蕨手文
わらびでもん

植物文様の一種。曲線の一端が蕨の先端のように渦状に内側に巻いている文様。中国では漢代の瓦当文に好んで使用された。日本では,弥生時代の銅鐸や銅剣の文様にみられ,特に九州の壁画古墳にはしばしば描かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蕨手文【わらびでもん】

曲線の先端が巻き上がった形の文様。早蕨(さわらび)の茎の先に似るため,この名がある。2個を対にして用いることが多い。中国では古く漢代の瓦当(がとう)に見られ,日本では,弥生(やよい)土器,銅鐸(どうたく),銅矛(ほこ),古墳時代装飾古墳や【ぼう】製(ぼうせい)鏡などに現れる。
→関連項目王塚古墳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

わらびでもん【蕨手文】

曲線の先端の巻きあがった形が,早蕨(さわらび)のようにみえる文様。1個の図形を単独で用いることがあり,右巻きと左巻きとの2個の図形を背中あわせにならべて用いることも多い。弥生時代には前期の土器に彩文や浮文の例があり,銅鐸や平形銅剣の文様にも登場する。古墳時代には九州の装飾古墳の壁画にさかんに用いるほか,関東の人物埴輪の彩色にも応用したものがある。ただし,この文様から早蕨を連想して命名したのは後代のことであって,古代の文様使用者が植物文様と意識していた確証はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蕨手文の関連キーワードバスタブ曲線上がったり曲線美早蕨巻き上がる・巻き上る蕨手出来上り穂先巻上るムーニエの定理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone