コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被爆2世

1件 の用語解説(被爆2世の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

被爆2世

広島、長崎原爆被爆者の子で、数十万人ともいわれる。被爆者には被爆者援護法に基づく被爆者健康手帳が交付され、医療費の本人負担分が原則免除されたり、特定の病気にかかって申請すれば、健康管理手当が受給できたりする。2世への国の施策は健康診断のみ。一部の自治体は、特定の病気を治療した場合、医療費を助成している。

(2011-08-04 朝日新聞 朝刊 長崎 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の被爆2世の言及

【原爆被爆者】より

…なお,似た言葉に原爆被害者があるが,これは原爆被爆者本人ばかりではなく,配偶者,親,子など近親者を原爆によって殺された遺族(原爆未亡人,原爆孤児,原爆孤老)をも含む広い範囲の被害者を指している。また,被爆者の被爆後の子どもは被爆2世と呼ばれている。 被爆直後には,強烈な熱線による火傷,爆風による外傷,放射線による急性原子爆弾症によって死亡したり重い症状に苦しむ被爆者がおびただしく,その応急的な救護と医療が行われたが,地域社会が崩壊し,行政組織も壊滅状態になり,医療要員の動員も困難であったため,死亡者が続出した。…

※「被爆2世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

被爆2世の関連キーワード日本原水爆被害者団体協議会被爆者被爆者援護法二重被爆者県内の被爆者原爆被爆者対策基本問題懇談会広島・長崎への原爆投下岡崎マキ佐々木禎子山口仙二

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

被爆2世の関連情報