西アジア経済社会委員会(読み)にしアジアけいざいしゃかいいいんかい(英語表記)Economic and Social Commission for Western Asia; ESCWA

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西アジア経済社会委員会
にしアジアけいざいしゃかいいいんかい
Economic and Social Commission for Western Asia; ESCWA

国際連合の経済社会理事会に属する地域経済委員会の一つ。西アジアにはそれまで地域経済委員会がなく,1963年に設置された国連事務局の経済社会局ベイルート事務所 UNESBOが必要な諸事業を運営していた。経済社会理事会はレバノンの提案により 1973年に西アジア経済委員会 ECWAを設立し,翌 1974年からレバノンのベイルートに本部を置いて活動を開始した。しかしレバノン内戦のため本部は 1976年にヨルダンのアンマン,1979年にはイラクバグダードに移転した。その後現名称に変更。当初の加盟国は,バーレーン,イラク,ヨルダン,クウェート,レバノン,オマーン,カタール,サウジアラビア,シリア,アラブ首長国連邦,北イエメン,南イエメンの 12ヵ国であったが,1977年にパレスチナ解放機構 PLOとエジプトの加盟が認められた。南北イエメンが統一され,スーダンが加わり 2012年現在の加盟国は 14,イスラエルは当初から除外されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西アジア経済社会委員会
にしあじあけいざいしゃかいいいんかい
Economic and Social Commission for Western Asia

国連経済社会理事会の下部機構の一つとして1973年8月に設立された地域委員会。略称、ESCWA。当初は西アジア経済委員会Economic Commission for Western Asia(ECWA)とよばれていたが、1985年に現在の名称に改称された。西アジア地域の経済協力・統合を通じた経済・社会発展の促進、開発のための援助活動・計画の案出・促進、関連する実施計画の執行、国際会議専門家会合、シンポジウムなどの開催などを目的としている。2017年時点の加盟国はイラクとエジプトに挟まれた中東のアラブ諸国18か国。最高機関としての総会のほか、計画委員会を有する。本部はレバノンのベイルート。[横川 新]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android