コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西ドビナ川(読み)にしドビナがわ(英語表記)reka Zapadnaya Dvina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西ドビナ川
にしドビナがわ
reka Zapadnaya Dvina

下流部はダウガバ Daugava川 (ラトビア語) 。ロシア西部を流れ,バルト海リガ湾に注ぐ川。全長 1020km。流域面積8万 7900km2。モスクワ北西方にあるバルダイ丘陵に源を発し,南,南西,北西に流れてロシア,ベラルーシ,ラトビアを通り,リガ湾に注ぐ。流域には広い湿原や多数の湖がある。 12月初旬上流部から氷結しはじめ,4月中旬に上流部まで解氷する。融雪時には大洪水を引起す。沿岸にはビテブスクポロツクダウガフピルス,リガなどの古いロシアの都市が発達し,古来バルト海地方から西アジアやビザンチン方面への交易路の一部をなしていた。木材,建設資材,穀物などの運搬に利用され,多くの水力発電所も建設されている。ジスナ,ドリッサなどの支流がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西ドビナ川
にしどびながわ
Западная Двина Zapadnaya Dvina 

北東ヨーロッパのバルダイ丘陵に発し、西流してベラルーシ北部、ラトビアを通り、バルト海のリガ湾に注ぐ川。ラトビアではダウガーバДаугава/Daugava川とよぶ。長さ1020キロメートル、流域面積8万7900平方キロメートル。12月から3月中旬まで結氷する。大部分が航行可能で、木材輸送船などが通る。サケ漁も行われている。[熊木洋太]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android