コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西城[町] さいじょう

百科事典マイペディアの解説

西城[町]【さいじょう】

広島県北東部,比婆(ひば)郡の旧町。中国山地内にあり,芸備線が通じ,中部の備後(びんご)落合から木次(きすき)線が分岐する。比婆牛の飼育と木材の積出しが盛ん。北部の鳥取県境一帯は比婆道後帝釈(ひばどうごたいしゃく)国定公園に含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいじょう【西城[町]】

広島県北東端,比婆郡の町。人口5443(1995)。中国山地にあって,北部に比婆山,三国山(1004m),道後山(1269m)などの高峰が連なり,可愛(えの)川支流の西城川が町の中央を南流する。西城川西岸に位置する中心地の西城は,戦国時代末に宮高盛が大富山城を築いて以後発展し,近世には鉄の集散地として繁栄した。広島藩の代官所や御鉄会所が設置され,郡の政治,経済の中心地となり,春秋2回牛馬市も開かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西城[町]の関連キーワード比婆道後帝釈国定公園

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西城[町]の関連情報