コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比婆道後帝釈国定公園 ひばどうごたいしゃくこくていこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比婆道後帝釈国定公園
ひばどうごたいしゃくこくていこうえん

広島県鳥取県島根県の 3県に広がる山地と,帝釈川の渓谷を含む自然公園。面積 84.16km2。1963年指定。北部は比婆山道後山船通山など 1200m級の山地が中心。比婆山・道後山一帯の森林は長年にわたって伐採されてきたので,放牧地,草原が多い。比婆山のイチイの大木林と,ブナの原始林は貴重な植物景観を呈す。帝釈峡石灰岩の渓谷で,付近は石灰岩のつくるカルスト地形がよく発達。船通山は古い砂鉄の産地で,八岐大蛇の伝説の地である。島根県側の三井野原はスキー場となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

比婆道後帝釈国定公園【ひばどうごたいしゃくこくていこうえん】

中国山地中央部,鳥取・島根・広島3県にまたがる国定公園。面積78.08km2。1963年指定。ゆるやかな山頂をもつ隆起準平原の比婆山道後山,船通(せんつう)山(1142m)などが中心で,ハイキング,キャンプの適地。帝釈峡は石灰岩台地に形成された峡谷。観光基地は鳥取県日南,島根県横田(現・奥出雲町),広島県東城(現・庄原市)の各町。
→関連項目西城[町]庄原[市]神石[町]東城[町]日南[町]広島[県]比和[町]横田[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひばどうごたいしゃくこくていこうえん【比婆道後帝釈国定公園】

広島・島根・鳥取三県にまたがる山岳と高原からなる国定公園。帝釈峡・道後山・烏帽子山・船通山を含む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県(島根県・広島県)〕比婆道後帝釈国定公園(ひばどうごたいしゃくこくていこうえん)


中国山地中央部の国定公園。鳥取・島根・広島の3県にまたがる。北部の比婆山・道後山・船通(せんつう)山の山岳地帯と南部の広島県帝釈峡地区からなる。面積8416ha。1963年(昭和38)指定。比婆山はブナ林、道後山はシラタマノキ・マイヅルソウなどの高山植物群落がみられる。帝釈峡は石灰岩の渓谷でカルスト地形が発達。ハイキング・キャンプ・スキーが楽しめる。帝釈峡には鍾乳洞(しょうにゅうどう)の白雲(はくうん)洞がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比婆道後帝釈国定公園
ひばどうごたいしゃくこくていこうえん

鳥取・島根・広島3県にまたがる中国山地の中央部の山々と、広島県の帝釈峡からなる国定公園。1963年(昭和38)の指定。面積84.16平方キロメートル。広島県北東部の道後山(1271メートル)は円丘状で中国準平原の残丘とみなされる。山頂付近には高山植物もみられ、山腹にはタニウツギ、ヤマツツジなどが群生する。ハイキングの適地で、スキーも楽しめる。比婆山は最高峰の立烏帽子(たてえぼし)山(1299メートル)のほか烏帽子山、吾妻(あづま)山などからなり、道後山と同じように、「のろ」地形を示す。公園域の北端にある船通山(せんつうざん)(1142メートル)は須佐之男命(すさのおのみこと)が草薙剣(くさなぎのつるぎ)を得た地と伝えられる。帝釈峡は吉備(きび)高原を下刻して流れる帝釈川の峡谷で、約20キロメートルにわたって断崖(だんがい)や深淵(しんえん)がみられる。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

比婆道後帝釈国定公園の関連キーワード吾妻山(島根・広島県境)広島県神石郡神石高原町休暇村吾妻山ロッジ道後山高原スキー場広島県庄原市休暇村帝釈峡神石高原町日南(町)神石[町]烏帽子山神龍湖日南町山岳神石比和西城

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android