コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東城[町] とうじょう

百科事典マイペディアの解説

東城[町]【とうじょう】

広島県北東部,岡山・鳥取両県に接する比婆(ひば)郡の旧町。中心集落は高梁(たかはし)川支流東城川の小盆地底にあり,芸備線に沿う交通・商業の中心。米,鶏卵,肉牛,生乳,石灰石を産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうじょう【東城[町]】

広島県北東部,比婆(ひば)郡の町。人口1万1141(1995)。中国山地脊梁部の南斜面に位置し,岡山・鳥取両県に接する。中央を成羽(なりわ)川支流の東城川が南流し,南部は帝釈(たいしやく)川が石灰岩地帯を浸食して流れる。中心の東城は戦国末期に五品嶽(ごほんがたけ)城の城下町として整備され,江戸時代は東城川上流域で生産される鉄の集散地として発展した。現在は林業,肉牛の飼育,養鶏,シイタケ栽培が盛んで,石灰岩粉化工場もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone