コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東城[町] とうじょう

百科事典マイペディアの解説

東城[町]【とうじょう】

広島県北東部,岡山・鳥取両県に接する比婆(ひば)郡の旧町。中心集落は高梁(たかはし)川支流東城川の小盆地底にあり,芸備線に沿う交通・商業の中心。米,鶏卵肉牛生乳石灰石を産する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうじょう【東城[町]】

広島県北東部,比婆(ひば)郡の町。人口1万1141(1995)。中国山地脊梁部の南斜面に位置し,岡山・鳥取両県に接する。中央を成羽(なりわ)川支流の東城川が南流し,南部は帝釈(たいしやく)川が石灰岩地帯を浸食して流れる。中心の東城は戦国末期に五品嶽(ごほんがたけ)城の城下町として整備され,江戸時代は東城川上流域で生産される鉄の集散地として発展した。現在は林業,肉牛の飼育,養鶏,シイタケ栽培が盛んで,石灰岩粉化工場もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

東城[町]の関連キーワード比婆道後帝釈国定公園帝釈峡道後山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android