コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村公朝 にしむら こうちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村公朝 にしむら-こうちょう

1915-2003 昭和-平成時代の仏師。
大正4年6月4日生まれ。昭和16年美術院国宝修理所にはいり,34年所長。のち東京芸大教授。京都広隆寺の弥勒(みろく)像や三十三間堂の千手観音像など約1300体の国宝・重要文化財を修理。延暦寺(えんりゃくじ)戒壇院本尊の復興にもかかわった。天台大仏師法印。平成15年12月2日死去。88歳。大阪出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。著作に「仏像の再発見」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

西村公朝の関連キーワード釈迦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android