コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西表山猫 イリオモテヤマネコ

デジタル大辞泉の解説

いりおもて‐やまねこ【西表山猫】

ネコ科の哺乳類。原始的なヤマネコで、体長50~60センチ。耳が丸く、体色灰褐色で、暗褐色斑点がある。森林にすみ、鳥・トカゲなどのほか、巧みに潜水して魚などを捕食西表島にだけ生息し、昭和40年(1965)発見され、昭和42年(1967)に新属新種と判明した。特別天然記念物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いりおもてやまねこ【西表山猫】

西表島だけに一〇〇頭程度が生息する貴重なヤマネコ。体長60センチメートルほどで、イエネコよりやや大きい。耳先が丸く、鼻づらは大きく、体は焦げ茶色で、暗色のぼんやりした斑点が多数ある。特別天然記念物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

西表山猫 (イリオモテヤマネコ)

学名:Mayailurus iriomotensis
動物。ネコ科哺乳動物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

西表山猫の関連キーワードイエネコ焦げ茶色鼻づら暗色

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西表山猫の関連情報