見切る(読み)ミキル

デジタル大辞泉の解説

み‐き・る【見切る】

[動ラ五(四)]
ものをすっかり見てしまう。見終わる。「広いので一日で―・るのはむずかしい」
見捨てる。見限る。見切りをつける。「不誠実な友人を―・る」
売れそうもない商品を非常に安い値段で売る。投げ売りをする。「二束三文に―・って売る」
よく見て判断する。状態を見きわめる。
「知らぬ国にては、稼がれぬ事を―・って」〈浮・新永代蔵〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みきる【見切る】

( 動五[四] )
全部見る。すっかり見る。 「全部の書類を-・る」
見込みがないとして、あきらめる。見かぎる。 「養生に努めないとお医者さんに-・られる」
見きわめをつける。見定める。 「イクサノヨウスヲ-・ル/日葡」
商品の売れ行きを見かぎって、安く売る。
武道や格闘技で、相手の動き・構えなどからその技などを見きわめる。 「間合いを-・る」
[可能] みきれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見切るの関連情報