コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

規格判 キカクバン

デジタル大辞泉の解説

きかく‐ばん【規格判】

日本工業規格(JIS)による、紙の仕上がり寸法。A判・B判の二系列がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

規格判【きかくばん】

日本で1941年から実施されている用紙規格基準による印刷物の大きさをいう。841mm×1189mmのA判全紙(A0判),1030mm×1456mmのB判全紙(B0判)をもとにして,A列とB列の2系統がある(全紙を0判とし以下半分にするごとに1判,2判,…と呼ぶ。
→関連項目菊判原紙四六判

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

きかくばん【規格判】

ジス(JIS)による、書籍・雑誌・便箋などの紙の仕上げ寸法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

規格判の関連キーワード日本工業規格規格判印刷新書判判型便箋書籍雑誌ジス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android