規格判(読み)キカクバン

デジタル大辞泉の解説

きかく‐ばん【規格判】

日本工業規格(JIS)による、紙の仕上がり寸法。A判・B判の二系列がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

規格判【きかくばん】

日本で1941年から実施されている用紙規格基準による印刷物の大きさをいう。841mm×1189mmのA判全紙(A0判),1030mm×1456mmのB判全紙(B0判)をもとにして,A列とB列の2系統がある(全紙を0判とし以下半分にするごとに1判,2判,…と呼ぶ。文庫本はA6判,週刊誌はB5判に当たる)。
→関連項目菊判原紙四六判

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きかくばん【規格判】

ジス(JIS)による、書籍・雑誌・便箋などの紙の仕上げ寸法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android