コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視学官 シガクカン

大辞林 第三版の解説

しがくかん【視学官】

文部科学省に置かれ、教育行政に関する連絡や指導・助言を行う職。
旧制で、学事の視察と事務をつかさどった官吏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の視学官の言及

【視覚】より

…光刺激によって生じる感覚で,明暗を感じる感覚を光覚,色を感じる感覚を色覚という。おもな感覚器はである。原始的な光覚は神経光覚器や皮膚光覚器によって起こる。よく発達した視覚は聴覚や嗅覚と同様に,動物が遠くはなれた所からの情報を得るのに重要な感覚である。ことに外部の情況を立体的に知るうえでは視覚が最も優れている。視覚機能は明暗識別や光源の方向識別,あるいは対象物の形態や動き,対象物までの距離などの識別や色彩弁別に分けられる。…

※「視学官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

視学官の関連キーワードレオンス ブールリアゲビリー フェーアマンチャン・チョン・キムマヌエル ガルベスプレームチャンドボフミル ジーハG. コンペーレシュティフター竹之下 休蔵西野 みよし別府 総太郎佐藤 得二柴田 知常園山 民平西野みよし瀬戸 虎記中川謙二郎太田 秀穂ラシュリエ菅井 準一

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android