視学(読み)シガク

百科事典マイペディアの解説

視学【しがく】

第2次世界大戦前の日本の国家および地方の教育行政官。国家の教育方針を徹底させるため,学事の視察,教育の指導監督を行ない,特に地方の視学は教員人事の実権を握っていた。学制(1872年)によって始まり,後に文部省道府県,郡,市に置かれた。戦時中に教学官と改称,1948年指導主事に移行した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しがく【視学】

第2次大戦前の日本において教育監督をおもな仕事とした職。〈視学〉と名のつく制度が最初に設けられたのは,1873年(明治6)であったが,中央,地方を通じ,国の官吏(国の行政組織を定めた〈官制〉上の職)として第2次大戦前の制度が成立したのは,明治30年代の初めであった。すなわち,97年文部省に〈視学官〉(1886年にはじめて設けられたが,その再設置),99年郡に〈郡視学〉(1890年小学校令に基づく郡視学の再編設置),道府県に〈視学〉(1897年の〈地方視学〉を再編設置)および〈視学官〉(学務関係部課長兼務)が設けられたのがそれである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しがく【視学】

学校や教育に関することを視察すること。
旧制の学校教育で、学事の視察、教職員の監督に当たった地方官。郡視学・府県視学があった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の視学の言及

【指導主事】より

…なお,これには,教員身分のままで指導主事の職務を行う者もあり,これを〈あて指導主事〉という(教育委員会に勤務するが,その事務局職員ではない)。指導主事は,第2次大戦前のこれに相当する視学制度を否定して設けられたものである。すなわち,戦前の〈視学〉が教育内容と教育人事・身分を権力的に監督したのに対し,指導主事は〈教員に助言と指導を与える。…

※「視学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android