コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜷川親元 にながわ ちかもと

6件 の用語解説(蜷川親元の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

蜷川親元

室町幕府の政所執事代・歌人。蜷川新右衛門親当の子。名は新左(右)衛門尉、法名道寿、号を不白。『蜷川親元日記』は当時を知る貴重な史料となっている。長享2年(1488)歿、55才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蜷川親元 にながわ-ちかもと

1433-1488 室町時代の幕府官僚。
永享5年生まれ。蜷川智蘊(ちうん)の子。室町幕府の政所(まんどころ)執事伊勢(いせ)氏につかえ,政所代をつとめる。和歌,連歌,書にすぐれ,故実にも通じた。「親元日記」は当時の幕政を知る史料として貴重である。長享2年5月25日死去。56歳。号は不白。法名は道寿。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

蜷川親元

没年:長享2.5.25(1488.7.4)
生年:永享5(1433)
室町時代の幕府吏僚。政所代蜷川親当の子。新右衛門尉。道号は不白軒,友石。若年より政所執事伊勢貞親・貞宗父子に仕え,寛正6(1465)年には御庭水番,次いで御物奉行を務め,翌年9月に貞親が失脚すると近江に没落したが,文明5(1473)年6月許されて上洛,貞宗のもとで政所代に就任した。将軍家の家産を司り,訴訟文書の事務処理などにも当たった。『親元日記』は寛正6,文明5,9,10,13,15,17各年が残存し,この間の動静を伝える。父親当が禅僧一休宗純と親交があり,一休の死去を記録していることは有名。能書家をもって知られ,将軍足利義政の命で古文書などを書写したことが知られる。また多賀高忠と並んで武家故実に通じ,文明15年3月には自ら犬追物を興行した。三条西実隆は,少年時に親元の恩を受けたこと,親元の死去に際して親元筆の書状の裏に経文を書いて遺族に送ったことなどを日記に記している。<参考文献>坂井誠一『遍歴の武家』

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にながわちかもと【蜷川親元】

1433~1488) 室町中期の武将。法名道寿。足利義政に仕え、政所執事代として幕政に参与。「蜷川親元日記」は室町幕府政治の実情を知る貴重な資料。歌人・名筆としても有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蜷川親元
にながわちかもと

[生]永享5(1433)
[没]長享2(1488).5.25. 京都
室町時代の武士。父は親当 (→蜷川智蘊 ) 。新右衛門尉。法名,道寿。伊勢貞宗の被官として室町幕府8代将軍足利義政に仕え,文明5 (1473) 年8月7日父の跡を継いで政所代に就任,幕政に参画。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蜷川親元
にながわちかもと
(1433―1488)

室町中期の幕臣。親当(ちかまさ)の子、新右衛門尉(じょう)と称し、号を不白(ふはく)、法名を道寿(どうじゅ)という。1473年(文明5)政所(まんどころ)執事伊勢貞宗(いせさだむね)の代官として政所代に任じられた。故実に通じ、三条西実隆(さんじょうにしさねたか)らの公家(くげ)とも親交があったので、幕政に重きをなした。その活動の跡は『親元日記』や政所の公用記録というべき引付(ひきつけ)によって知られ、いずれもこの時期の政治・経済史料として貴重である。また和歌・連歌をよくし、『新撰菟玖波集(しんせんつくばしゅう)』に採録されているほか、筆跡にも優れ、書写した典籍も多い。[桑山浩然]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蜷川親元の言及

【蜷川氏】より

…親当(ちかまさ)は智蘊と号し,幕臣としてより連歌師として著名で,二条良基と宗砌(そうぜい)の中間に位置する人物として知られる。親当の子親元(1433‐88)は伊勢貞宗の被官として8代将軍義政に仕え,応仁の乱前後の政情を記した日記《蜷川親元日記》を残し,親元の子親孝(?‐1525),曾孫の親俊(?‐1569)も《蜷川親孝日記》《蜷川親俊日記》を残す。政所の政務処理の過程で作られる訴状や裁許状の控は〈賦引付(くばりひきつけ)〉〈御判(ごはん)引付〉などと呼ばれるが,売買,貸借,質入れなど政所所管事項の実務を記録するこれら記録は,すべて蜷川氏によって筆録されたもので,中世後期の経済界,とりわけこの時期に頻発する徳政一揆の背景を知りうる史料として貴重である。…

【蜷川親元日記】より

…室町幕府8代将軍足利義政の時代に政所代(まんどころだい)をつとめた蜷川親元(1433‐88)の日記。親元は名筆として著名で,早い時期からその日記は観賞の対象とされたため散逸した部分が多いが,今残るところは1465年(寛正6)および1477年(文明9)より86年の一部である。…

※「蜷川親元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蜷川親元の関連キーワード蜷川智蘊蜷川親元日記伊勢貞忠岩松尚純蜷川親孝蜷川親俊蜷川親長蜷川親当蜷川親俊日記政所壁書

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone