コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観修 かんしゅ

朝日日本歴史人物事典の解説

観修

没年:寛弘5.7.8(1008.8.11)
生年:天慶8(945)
平安中期の天台宗の僧。「勧修」とも記す。諡号は智静。長谷大僧正,解脱寺僧正と称される。京都の人。俗姓は志紀氏。勢祐に従い,のちに余慶に受学。法性寺座主職をめぐる円仁系,円珍系門徒の確執のなかで,長谷(京都市左京区)の解脱寺に移り,長徳2(996)年園城寺長吏となる。有験の僧として知られ,死者を蘇生させた伝説を持つ。長保2(1000)年に法務,大僧正となったが翌年に辞職。藤原道長の帰依を受け,道長建立の木幡浄妙寺の別当となった。宋の源清が日本天台に批評を求めて送ってきた5部の著作のうち,『法華示珠指』下巻の批判を担当した。

(岡野浩二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

観修の関連キーワード米塚禎子花山天皇紫式部日記花山天皇韓琦後一条天皇広韻源氏物語千年紀古典の日菅原孝標女

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観修の関連情報