コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓琦 かんき Han Qi; Han Ch`i

5件 の用語解説(韓琦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韓琦
かんき
Han Qi; Han Ch`i

[生]大中祥符1(1008)
[没]煕寧8(1075)
中国,北宋の政治家,文学者。相州安陽 (河南省) の人。字は稚圭。諡は忠献。天聖4 (1026) 年進士に及第。四川の飢饉を救い,西夏の侵入を食止めるなど,内外に功績をあげて宰相となり (58) ,仁宗,英宗に仕えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん‐き【韓琦】

[1008~1075]中国、北宋(ほくそう)の政治家。安陽(河南省)の人。字(あざな)は稚圭。仁宗・英宗・神宗の3代に仕え、范仲淹(はんちゅうえん)とともに韓范と並称された。王安石の新法に反対したことで名高い。著「安陽集」「韓魏公集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんき【韓琦 Hán Qí】

1008‐75
中国,北宋の宰相。字は稚圭(ちけい),号は贛叟(こうそう)。相州安陽(河南省安陽市)の人。20歳で科挙に合格,若手官僚として,行政手腕を発揮し,無能な大臣を弾劾するなど活躍した。四川の飢饉救済に責任者となって成功し,1038年(宝元1)西夏の李(趙)元昊が宋朝に反旗を翻して独立すると,前線の司令官となり,涇州(甘新省涇川県)に駐屯して防衛に従事した。当時,〈韓范〉と並称されたのは,范仲淹とともに対西夏軍事政策をはじめ,多くの功績によるものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんき【韓琦】

1008~1075) 北宋の政治家。字あざなは稚圭、諡おくりなは忠献。范仲淹はんちゆうえんとともに西夏征討などに功をたて、「韓范」と並称された。名宰相として活躍、のち王安石の新法に反対したが用いられず、病死。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


かんき
(1008―1075)

中国、北宋(ほくそう)の政治家。安陽(河南省)の人。若くして進士に及第。政界の紀綱を正し、邪臣の弾劾に活躍、また体量安撫使(あんぶし)として四川(しせん)の飢民190万を救済した。西夏(せいか)の李元昊(りげんこう)の入寇(にゅうこう)を撃退し、30歳ですでに文武に名声が高かった。自ら求めて揚州(ようしゅう)知事などの地方官を歴任したが、1056年には三司使(さんしし)、枢密使、58年には宰相となり、約10年間にわたり国政に参画。その間国史の監修も行った。第6代神宗(しんそう)(在位1067~85)即位後、王陶(おうとう)の弾劾を受けてふたたび地方官となり、青苗(せいびょう)法や、また契丹(きったん)の求める領土割譲にも反対して王安石(おうあんせき)とまっこうから対立し、官を辞して没した。富弼(ふひつ)と並んで賢相と称された。著書に『安陽集』がある。[柳田節子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

韓琦の関連キーワード晏殊寇準曹知白楊凝式匡衡黒衣の宰相花の宰相郭熙章惇呂夷簡

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone