コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓琦 かんきHan Qi; Han Ch`i

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韓琦
かんき
Han Qi; Han Ch`i

[生]大中祥符1(1008)
[没]煕寧8(1075)
中国,北宋の政治家,文学者。相州安陽 (河南省) の人。字は稚圭。諡は忠献。天聖4 (1026) 年進士に及第。四川の飢饉を救い,西夏の侵入を食止めるなど,内外に功績をあげて宰相となり (58) ,仁宗英宗に仕えた。神宗が即位すると地方へ出,王安石新法に強く反対したが受入れられず,やがて没した。欧陽修と並んで仁宗後期の重臣として政治に貢献したが,詩人としても,晩唐の模倣から脱却した新しい作風の詩を残した。著書『安陽集』 (50巻) ,『韓魏公集』 (20巻) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんき【韓琦 Hán Qí】

1008‐75
中国,北宋の宰相。字は稚圭(ちけい),号は贛叟(こうそう)。相州安陽(河南省安陽市)の人。20歳で科挙に合格,若手官僚として,行政手腕を発揮し,無能な大臣を弾劾するなど活躍した。四川の飢饉救済に責任者となって成功し,1038年(宝元1)西夏の李(趙)元昊が宋朝反旗を翻して独立すると,前線の司令官となり,涇州(甘新省涇川県)に駐屯して防衛に従事した。当時,〈韓范〉と並称されたのは,范仲淹とともに対西夏軍事政策をはじめ,多くの功績によるものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんき【韓琦】

1008~1075) 北宋の政治家。字あざなは稚圭、諡おくりなは忠献。范仲淹はんちゆうえんとともに西夏征討などに功をたて、「韓范」と並称された。名宰相として活躍、のち王安石の新法に反対したが用いられず、病死。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


かんき
(1008―1075)

中国、北宋(ほくそう)の政治家。安陽(河南省)の人。若くして進士に及第。政界の紀綱を正し、邪臣の弾劾に活躍、また体量安撫使(あんぶし)として四川(しせん)の飢民190万を救済した。西夏(せいか)の李元昊(りげんこう)の入寇(にゅうこう)を撃退し、30歳ですでに文武に名声が高かった。自ら求めて揚州(ようしゅう)知事などの地方官を歴任したが、1056年には三司使(さんしし)、枢密使、58年には宰相となり、約10年間にわたり国政に参画。その間国史の監修も行った。第6代神宗(しんそう)(在位1067~85)即位後、王陶(おうとう)の弾劾を受けてふたたび地方官となり、青苗(せいびょう)法や、また契丹(きったん)の求める領土割譲にも反対して王安石(おうあんせき)とまっこうから対立し、官を辞して没した。富弼(ふひつ)と並んで賢相と称された。著書に『安陽集』がある。[柳田節子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

韓琦の関連キーワードアンヤン(安陽)特別市仁宗[宋]韓侂冑文学者病死蔡襄及第岳飛

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android