コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観光基本法 かんこうきほんほう

2件 の用語解説(観光基本法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観光基本法
かんこうきほんほう

昭和 38年法律 107号。観光による国際親善の増進,および国際収支の改善をはかり,国民経済の発展と国民生活の安定向上に寄与するものとして国際観光地の整備と国内観光の振興や,観光資源の保護育成と開発を目標に,政府がとるべき観光政策の方向を示したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

観光基本法
かんこうきほんほう

国の観光政策に関する基本方針を示した法律。昭和38年法律第107号。この法律で国の観光政策の目標は、(1)国際観光の発展と国民の健全な観光旅行の普及発達を図り、(2)国際収支の改善や国際親善の増進と、国民の保健の増進、勤労意欲の増進、教養の向上などに貢献し、(3)ひいては国民経済の発展、国民生活の安定向上に寄与し、(4)あわせて地域格差の是正に資する、としている。また、この目標を達成するための国および地方公共団体の基本的な施策をはじめ、国際観光の振興や観光旅行者の保護および観光施設の整備、観光行政組織や関係団体の整備などについて定めている。
 なお、観光基本法は、2006年(平成18)改題し、全面的に改正され、同年12月に成立した観光立国推進基本法(2007年施行)へと受け継がれた。[小谷達男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観光基本法の関連キーワード観光業観光立国推進基本法地震保険に関する法律官行造林地緑資源公団が所管している森林森林整備法人が所管している森林森林組合加入者面積公共交通の案内表示奈良の観光佐藤信衛

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone