コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

触発 ショクハツ

デジタル大辞泉の解説

しょく‐はつ【触発】

[名](スル)
物に触れて、発動・発射したり爆発したりすること。「魚雷が触発する」
なんらかの刺激を与えて、行動の意欲を起こさせること。「友人の研究に触発される」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょくはつ【触発】

( 名 ) スル
物に触れて爆発すること。 「 -機雷」
見たり聞いたりしたことに刺激されて、事を始めること。 「ミロの絵に-されて画家になった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

触発の関連キーワードハイド:春のブラウンヒルの小川/piano soloハイド:コルドバの夕べ/piano soloニュー・ウェーブ[new wave]あさになったので まどをあけますよ自動触発海底水雷の敷設に関する条約シュトゥルム・ウント・ドラングウィー・アー・ザ・ワールドウォータールー・サンセットイギリス=トルコ通商条約ソング・サング・ブルーウイグル族と独立運動インディヘニスモ文学マーゼット ワッツロンドン通信協会花はどこへ行った風と共に去りぬ魏晋南北朝時代ビニー ゴリアチヒョールトスカルビーニ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

触発の関連情報