コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開豁 カイカツ

デジタル大辞泉の解説

かい‐かつ〔‐クワツ〕【開×豁】

[形動][文][ナリ]
広々として眺めのよいさま。快闊(かいかつ)。「開豁な田野」
心が広く、こせこせしていないさま。快闊。「開豁人柄

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいかつ【開豁】

( 形動 ) [文] ナリ 
眺めが広々と開けているさま。 「 -なる広野の外に/日本開化小史 卯吉
度量の大きいさま。こせこせしていないさま。 「心胸-にして、論断公平に/偽悪醜日本人 雪嶺
( 名 ) スル
開くこと。広くすること。 「一層知識を-し/新聞雑誌 37

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

開豁の関連キーワード喝・渴・褐・刮・割・喝・括・活・渇・滑・猾・葛・褐・豁・轄・闊快闊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android