言志録(読み)ゲンシロク

百科事典マイペディアの解説

言志録【げんしろく】

佐藤一斎の語録,随筆集。1824年成立。以後1851年までに著された《言志後録》《言志晩録》《言志耋録(てつろく)》と合わせ言志四録とも。短文からなり,陽明学風の理気合一,死生一如の思想を基本に,学問・修養の方法,哲学的思索,人生観について述べている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

げんしろく【言志録】

漢学・倫理書。一冊。佐藤一斎著。1824年刊。学問的な立場から死生観や倫理観などを述べ、修身・求道などを説いたもの。「言志後録」「言志晩録」「言志耋てつ録」とともに「言志四録」と称される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android