コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記念スタンプ きねんスタンプ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

記念スタンプ
きねんスタンプ

国家または国民的に重要な行事,特に大規模な博覧会,国際会議,また郵政事業上の記念事項に際して使用される日付印 (スタンプ) 。正しくは特殊通信日付印という。日本では 1902年6月 20日,万国郵便連合加盟 25年の記念式典に際して初めて使用された。その大きさは円形の場合,直径 36mmで,使用局は原則として都道府県庁所在地の主要郵便局 (定例局と呼ばれる) である。別に小型記念通信日付印があり,各地の式典または催物を記念するために,関係地の郵便局で使用される。特殊通信日付印に比べて,やや小さい (直径 32mm) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きねん‐スタンプ【記念スタンプ】

国家的行事などを記念するために、一定期間を設けて郵便物に押す日付印。記念印。
観光地遊覧などの記念に押すスタンプ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きねんスタンプ【記念スタンプ】

ある事柄を記念して使用される郵便の日付印。
名勝史跡の遊覧を記念するために押すスタンプ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

記念スタンプの関連キーワードスタンプ(切手、印紙、証紙)添田尚子記念印郵便物事柄

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

記念スタンプの関連情報