コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

話説 ワセツ

デジタル大辞泉の解説

わ‐せつ【話説】

話してきかせること。また、語られた話。説話。
「一条の小説的―でもありそうに」〈子規・墨汁一滴〉
《中国の古い口語から》話に入るときに用いる語。江戸時代の読本などで多く用いられた。さて。
「―す。きのふは奇々怪々といふ事が目下にありやした」〈滑・浮世床・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わせつ【話説】

( 名 ) スル
語ってきかせること。また、語られた話。説話。 「世に伝はるところの-を、下に録出す/西国立志編 正直
中国の古い口語で、物語の冒頭の「これから話を始める」「さて」などの意のことば。中国の白話小説の影響を受けた江戸時代の読本よみほんに「話説す」の形で用いられた。 「 -す。きのふは奇々怪々といふことが、目下まのあたりに有りやした/滑稽本・浮世床 2

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

話説の関連キーワードアンドレ ルロア・グーランルロワ・グーランルロア・グーラン西国立志編前田香雪ドレウス章回小説滑稽本

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android